2013年03月16日

雑貨屋さんを開くのが夢だった

私の子供の頃の夢は、雑貨屋さんを開くことでした。
仲のよかった友達数人と一緒にしたいと思っていました。
どこにもないようなおしゃれでかわいい雑貨屋さんを開きたいと思っていました。
友達と一緒に開くということで、ものすごく楽しみで想像するだけでわくわくしていました。

自分たちでかわいい雑貨を作ってお店に出したいと思っていました。
雑貨だけでなく、花や自分たちで作った手作りクッキーやケーキも一緒に出すのが夢でした。

将来お店を開くために、みんなでお菓子を作る練習をしたりもしました。
かわいいお菓子がいいねということで、味だけでなく見た目にもこだわり、見た目はチョコスプレーでデコレーションしたり、チョコペンで絵を書いたりしていました。

また、みんなで一緒に買い物や遊びにでかけた時は、雑貨や日用品を見て、「これかわいいね!」とか、「こんなお店にしたいね!」と話していました。

みんなで一緒にどういうお店にするかいっぱい案を出し合ったりもしました。
考えるだけですごく楽しかったし、喧嘩をすることもありました。

実現することはありませんでしたが、今でも私は雑貨屋さんに行くのが大好きでよく行きます。
そして、雑貨屋さんを開くのが夢だったなと雑貨屋さんに行くたびに思い出しています。



Posted by libbie82 at 14:12